ニュースリリース(マスコミの方へ)「就職の福工大」実就職率95%超の快挙~あきらめない&質にこだわる就活支援で「九州私学No1」に~

2019年3月卒業生の就職実績がまとまりましたのでお知らせします。就職率は99.8% 実就職率は95.1%

福岡工業大学は「就職は教育の一環である」という認識の下、手厚い就職支援に取り組んでいます。学生を社会へ送り出す責任感を教職員全員が持ち、最後の一人まで細やかで丁寧な支援を行うことから「就職の福工大」と呼ばれる本学。ほぼ全ての学生が進路を確かにしています。

さらに、上場企業・大手中堅企業への就職シェア率は70.6%。学生の意欲や可能性を広げる充実したトップアップ講座等により、就職の「質」にもこだわる就職支援を行っています。中規模の地方私立大学ながら全国屈指の就職支援で注目を浴びる本学。興味を持っていただき、取材や報道を頂けましたら幸いです。

就職率とは

就職内定者数÷就職希望者×100。大学生の就職は売り手市場が続き、就職率は高止まりの状態になっています。本学は100%に近い就職率は当たり前と考え、さらに真の進路決定率、「実就職率」にこだわる就職支援を展開しています。

実就職率とは

就職内定者数÷(卒業者数-大学院進学者数)×100。「就職も進学もしない」という学生がいた場合、実就職率は低くなります。いわば「真の進路決定率」。福岡工業大学の「実就職率」は、今シーズンも九州地区私立大学(文理両系統設置校部門)で1位に。全国的にも屈指の水準をマークしています。
(九州地区大学就職指導研究協議会 資料より。4月18日現在)

「就職の福工大」①「最後の一人まであきらめない細やかなフォロー」

本学では3学部9学科・大学院のそれぞれに学生の進路実現を担当する専任スタッフを配置しています。受け持つ学生は100人以上全員と面談し顔と名前、就きたい仕事の分野を全て理解し、就職活動の道のりを絶対にあきらめずにフォローします。
人生の大事なイベント「就活」ですが、独特な就活文化や企業の採用プロセスの中で「就きたい仕事は何か?」「自分の適性は何か?」と悩み苦しむ学生も少なくありません。学生と距離の近いスタッフが人生の大事な時期を細やかにサポート。
1人では超えられない就活の道のりを共に歩みます。

「就職の福工大」②「福工大生好適企業の確保」へ教職奔走

東京・大阪・福岡のそれぞれに学生の就職先を切り開く企業開拓専門スタッフが常駐。連日企業を訪問し、本学学生の好適企業の開拓や安定的・継続的求人基盤の構築、質向上を睨んだ有力企業との関係を構築しています。
また、教員自らも学問内容、研究内容に適合する求人企業の開拓に奔走。企業訪問に加え、学内で「企業向け交流会」を開くなど教職協働で取り組みます。こうした活動が実を結び、ことし3月には大学単独で872社(実数)に参加いただく独自の学内企業説明会を実施。「福工大好適企業」の開拓に大学一丸で取り組み、確かな実績を積み上げています。

▲「企業交流会」にて企業担当者に研究内容について話す教員

▲学内に872社が集まる合同企業説明会

「就職の福工大」③「意欲を伸ばすトップアップ講座」

「本当に行きたい企業に就職してもらうことで将来の離職を防ぎ、学生と企業双方からの大学への信頼感と満足度を高める」。 そう考え、「第一志望企業内定率60%」を目指して、意欲ある学生をとことん伸ばす「トップアップ講座」にも取り組んでいます。早期から就活への意識の高い学生に対して外部のキャリア教育講師を用いた特別講座を実施。目指す企業に確実に学生が就職できるよう支援しています。

今年の主な就職先:九州電力、西部ガス、九電工、福岡銀行、富士通、 日本IBM、旭化成、京セラ、資生堂、NTT西日本、西日本旅客鉄道 等・・・

「就職の福工大」④「保護者も共に見守る」

少子化の進む現在、保護者にとって子どもの就職は大きな関心事です。 不透明な就活ルールや本当の意味での優良企業を、就活における重要なステークホルダーである保護者に適切に理解して頂き、良好な関係を築く。 これは学生の就職にとって大きなキーワードです。
保護者対象の就職ガイダンスも学内で開き、学生・大学、そして保護者が 一体となって学生の将来について考える意識共有を行っています。

「就職の福工大」にぜひ取材にお越しください。

 

取材のお申込み・本件発信部署

福岡工業大学 広報課 (担当:池田)
TEL:092-606-0607

取材のご依頼は下記申込書(PDF)をご記入のうえ、
FAX(092-606-7357)またはメール(kouhou@fit.ac.jp)にて本学広報課にご送信ください。

 

 

 

 

資料請求