履修ガイド
試験

単位の取得について

履修科目の単位取得は、原則として試験によって行います。試験は、各学期の授業内で行うか、「学期末試験期間」にて行います。
試験は、筆記試験またはレポート、成果発表などの審査によって行います。また、実技を伴う科目については、他の方法で行うことがあります。各々の授業科目の成績評価方法については、シラバスで確認してください。

なお、次の事項に該当する者は、試験を受けることはできません。

  1. 休学中の者や停学処分中の者
  2. 当該授業科目の履修登録を正しく行っていない者
  3. 出席不足やその他の理由により当該科目の担当教員が受験資格を認めていない者
  4. 授業料等の学納金を完納していない者
  5. 学生証を携帯していない者
  6. 試験開始後20分以上遅刻した者

(学則第32条、履修要項第20条~第22条(工・情)、第18条~第20条(社))

学期末試験

学期末試験期間

学期末試験は、15週の講義終了後の第16週目に授業時間割で実施されます。実施科目や教室については掲示板やmyFITで確認してください。

試験上の注意

学期末試験は、指定された教室および座席で受けなければなりません。
着席したら学生証を机の上に提示してください。学生証を提示しない者は、受験を認めません。ただし、学生証を忘れた場合は、試験開始前までに証明書発行機で仮学生証を発行した上で、受験することができます。
試験を受ける時は、次の各項の注意事項をよく読んで、正しい態度で臨んでください。なお、試験上の注意事項は、学期中の全ての試験にも適用されます。

  1. 着席は、監督者の指示に従ってください。座席指定がある教室においては、名簿の指定番号を確認のうえ、指定番号の席に着席ください。
  2. 学生証は、机の上に提示してください。学生証の提示なく試験を受けることはできません。学生証を不携帯の者は、E棟2階学生サポートセンター内、あるいはB棟2階情報基盤センターに設置の証明書発行機で仮学生証を発行してください。
  3. 筆記用具(鉛筆・シャープペンシル・消しゴム)及び持ち込みを許可された物以外は、すべてカバンに収納し、椅子の下に置いてください。その際、携帯(スマホ)等の電子機器類は、電源を切り、必ずカバンに入れてください。
  4. 試験時間は、各教室において、監督者が指示した時刻から60分間です。(科目により90分試験あり。)
  5. 試験開始から20分以上遅刻すると、受験できません。
  6. 不正行為または不正行為と疑われる行為を行わないこと。(注意:試験中にスマートフォンを扱う等の疑わしい行為及び他人に解答を伝える行為も不正行為とみなします。)
  7. 試験開始後の途中退室はできません。
  8. 答案用紙回収時に答案用紙を提出しなければ、評点は0点になります。なお、退室後の答案用紙の提出は、いかなる理由があっても一切認められません。
  9. 問題用紙の持ち帰りは、許可がない限り禁止します。
  10. 答案用紙の回収が終わり、監督者が指示するまでは入退室できません。

※「試験上の注意」は、学期中の全ての試験にも適用されます。

不正行為

不正行為と認められた学生は、その学期の全履修科目の評点を0点とします。学期末試験にかかわらず、学期中に行われる試験で不正行為があった場合も同様の取扱いとします。
(履修要項第26条(工・情)、第24条(社))

なお、他人の答案やレポート、データの剽窃(盗作・盗用)はもちろん、それに関わるデータ等を提供した場合も不正行為となる場合があります。

追試験

病気その他やむを得ない事由により試験を受けることができない学生に対して、本人の願い出により追試験を行うことがあります。ただし、願い出た者が必ず許可されるとは限りません。「欠席理由届書」と試験を受けられない事由を証明するもの(病院の診断書・領収書のコピー、交通機関の遅延証明書等)を科目担当教員または教務課に提出し、その後の指示に従ってください。
※追試験を受験できなかった場合、再度の追試験はありません。また、成績は原則としてその得点の8割となります。
(履修要項第27条~第30条(工・情)、第25条~第28条(社))

 

資料請求

資格取得