研究紹介TOPへ戻る

水産エコラベルを通じた
水産物マーケティング戦略の構築

分野
経済学、マーケティング
キーワード
水産エコラベル、選択実験、コンジョイント分析
社会環境学部 社会環境学科

准教授 大石 太郎

研究概要

 近年、国際的な水産物市場(特に欧米)では、水産商品の取引の際に原料となる水産資源の持続可能性が重視されるようになりつつある。そのため、我が国から海外へ水産商品を輸出する際にも、水産エコラベル制度のもとで持続可能性が認証されているか否かが今後ますます重要になると考えられる。

 そこで、本研究では、国内外の消費者に対してアンケート調査を実施し、我が国の水産物が国際標準の水産エコラベル制度で認証されている場合、日本独自の制度で認証されている場合、認証がない場合など様々な想定のもとで消費者に仮想の水産物を選んでもらう選択実験を実施し、得られたデータから国際標準あるいは日本独自の水産エコラベルに対する支払意思額(円)を推計することなどを通じて、欧米で通用する水産エコラベルの条件、水産物輸出におけるマーケティング戦略などを明らかにすることを目的としている。

図1: 選択実験による分析のイメージ

 本研究は、農研機構生研センター・地域戦略プロジェクト「水産物エコラベルの整備を通じた輸出の促進」(研究代表者:八木信行東京大学教授)の一環として実施されているものである。

利点・特徴  アンケート上で実施する選択実験においては水産エコラベルの有無以外にも、様々な水産物の属性(例えば、養殖/天然といった生産方法や産地の違いなど)を考慮することができ、その属性毎の価値を貨幣で評価すること(例えば、天然の場合に比べて30円/kg価値が高いなど)ができる。
応用分野  地域で新たに開発されたブランド水産商品に対する市場調査など

資料請求